blog index

Vegetable Days

      "beji"タブルな生活・・・・おもいついたことをぽちぽちと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
おはよー:ワカサギ当日
050201_0436~01.jpg
今朝は携帯のアラームで早起きだぜぃ。
早速ストーブに火をいれる。

思ってたより冷え込みはマシかなぁ。

さてと、着替えてまずはコーヒーだ…

昨夜は天気予報みてやる気も萎えかけたが、やる気復活?
とにかく行ってみよう。
| beji (ぷ〜) | beji@ケータイ | 04:46 | comments(11) | trackbacks(139) |
引っ越します
このたび引っ越すことにしました。
ログの移設に四苦八苦・・・・

当座のあいだは、ここはここで残しておいてリンクを張ることにします。
これからはこちら→新Vegetable Daysへお願いします。

今まで重い思いをして来て下さった皆様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
| beji (ぷ〜) | よしなしごと | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日も水汲み
今日はKと水汲み。
たまった洗濯などしてたら、ニッカウヰスキーに寄る時間はなくなってしまった。

林道の雪は随分とけてた。
しかも先日は除雪されてなかった、水場までも除雪されてる。
「なんだぁ、長靴いらなかったね」
などと言いながらハッとする…

「K、ボトル積んだ?」
「……否」
「……。」

家を出る前に用意して玄関に置いてたのに。あほ…
結局手持ちの500ml×2だけ汲む。

水場近くで雪の合間からモグラが飛び出し、チョロチョロチョロ…めんこい。
yanがいたら確実に餌食。

水は仕方ないので、少し雪遊び。
こける、ずぼ ずぼ はまって遊ぶ。

それからジムニーで除雪車が作った雪の小山に乗り上げたり、
除雪されてないところへ突っ込んでみたり。
スタック
案の定スタック、雪がハラにつっかえて亀の子状態に。
Kがスコップをふるう。私は車の雪かき棒で応戦。

「シチューのCMじゃないんだから…」
けど そのCMソングに二人とも取り憑かれた。(あれってGLAY?)
あ〜、ウザい!<CMソング

だが楽しくスタックごっこも終了。無事脱出。

びっくりドンキーに寄ってハンバーグ喰らって帰りました。

ちゃんちゃん。
| beji (ぷ〜) | beji@ケータイ | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
思い出のカップ
050127_1126~01.jpg
たぶん高校か中学生の頃、
家族で行った倉敷で買ってもらったコーヒーカップ。

取っ手が割れたり、ヒビも入っているけど直して今もお気に入り。

家族が家族だった頃の記念品。

これでコーヒーを飲む度、思い出す。

珈琲専門店、エル・グレコで飲んだ高いコーヒー、
数枚の写真。

私も歳とったな。
| beji (ぷ〜) | beji@ケータイ | 11:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
今宵は
050127_0137~01.jpg
日本酒をちびりちびり。

音はdoors。ジム・モリソンの声・詞はやっぱりいい…
| beji (ぷ〜) | beji@ケータイ | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
『月の病』
やっぱり今日は満月だった。(リンク:The Moon Age Calender)

昔、イタリアのタビアーニ兄弟監督の映画で
「カオス・シチリア物語」という映画がありました。
4話からなる(?5話だったか?)オムニバスで、
そのなかに『月の病』というお話がありました。

--------------------------------------------------------
主人公が赤ん坊だった頃、家は貧しく、母親は夜になっても
月明かりの中で落穂拾い。
その間赤ん坊の主人公は畑の端に籠ごと置いておかれるのですが、
彼はそのとき月と戯れ、月に魅せられます。

それときから『月の病』に。(大人になっても。)

それは激しくつらそうなもので、満月の夜になると
一晩中叫び、わななき、悶々とします。
体中にみなぎるエネルギーを発散し、
朝には憔悴しきって倒れている・・・
--------------------------------------------------------

といったようなお話。この映画は今でも好きです。
わたしの『満月病』はそこまでエキセントリックではないけど、
吠えたことはあり。

なので『月の病』『狼男』の気持ちはわからんでもないなぁ。


・・・と朝から思ってみたり。
今朝は早起きです。
| beji (ぷ〜) | よしなしごと | 08:24 | comments(2) | trackbacks(2) |
自爆 ― 眠れない夜
ネットも見尽くして、「もう寝よう」と布団に入ったが眠れない…
昼間さんざん寝て、夜の11時頃までコーヒー飲んでりゃ当たり前か。

あぁ、眠れない夜。
自分は何がしたいんだろう。
なにか虚しい。

ぽっかり空いた胸に煙草の煙を吸い込み、
とりとめのない想いが頭に流れる。

あれ、もしかしてそろそろ満月かな。
自称、満月病。
満月の夜やその前後は心がはやる。

早く朝が来ないかなぁ。
| beji (ぷ〜) | よしなしごと | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
トリアージュ
先日「救命病棟24時」を観ていて勉強になったことがある。

災害などで多数のけが人がいる場合に、
命にかかわる人を優先させる・その優先順位をつけることを
「トリアージュする」
というらしい。

納得。
私の持ってるレスキューバッグ に入ってた謎のカードは、その「トリアージュ」を示すカードだったのね。

?DEAD?
いやぁ、ホンモノだ。
素人なので自分がこのカードを使うことはないだろうけど。
もしもの時、進藤先生が現れたらコレ使ってもらおう。
| beji (ぷ〜) | よしなしごと | 22:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
湧き水リベンジ
今日はB地点の湧き水を汲みにいく。
「奥新川」というところで、そこの「長命水」は有名。(たぶん)

さて積雪はどんなもんだろう・・・

と向かったが、その林道(未舗装路)に入ると
一応除雪は入っているっぽい。

「いける いける。」
雪道
轍の真ん中の雪は深いところで20cmくらいかな。
グリグリ ぶりぶり、4L-2ndあたりで進む。
いやぁ〜、楽しい。
昨日こっちに来れば良かったんだな。
水場まで林道4Km弱。

水場も完全に雪に覆われているかと思ったが、
さすが湧き水。水のまわりに雪はない。

が、車からその水場までが40〜50cmの雪。
長靴はいても雪が入ってくる。
ツボ足

ずぼ ずぼ ずぼ・・・
いやぁ、スノーシューでも持ってきて遊べるなぁ。

浄財を少しばかり投入して、水を汲んだ。
ついでにゴクゴク。
湧き水

帰りにちょうどニッカウィスキーの工場がある。
『ニッカで「長命水」をチェイサーに無料試飲!』(見学・試飲可)
というナイスなアイデアがあったのだが、
惜しい、着いたのが4時半頃で見学はちょうど終了。

今度はもっと早い時間にKと来よう。

「雪道ツーリング」+「天然水」+「ニッカウィスキー」!!
なんて素敵なツアーだろ。
| beji (ぷ〜) | おでかけ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブリザード (2005.01月22日Sat.のこと)
山の湧き水を汲みにKと出かける。
家のあたりは道に雪もなく、乾いているのだが、
進むに従ってだんだんと増えてくる道端の雪。
途中から雪道。
横風が強く、拓けた場所では飛んでくる雪で視界がホワイトアウト。
うっひょー!
などと喜びながら進む。

けど、現地の積雪は想像を上回り、林道入り口で除雪も終了、
湧き水のあるところまで行けなかった。
日もすっかり落ちて、ただ来た道を戻る。

途中、横からの突風で(?)車が斜めに。
いや、ワダチに足をとられたのか…目の前が真っ白で、なにが起こったのかわからなかった。
急ブレーキだけは踏んでないのだが。

そんなこんなでただ雪道ドライブして帰ってきた。

今度は別の場所にある湧き水を汲みに行ってみよう。


     【音】
行きは、Kの「女呼んでブギ」が聴きたいというリクエストで何故か
サザンオールスターズの[熱い胸騒ぎ](確か1stアルバム)

♪女呼んで揉んで抱いていいキモチ〜♪[女呼んでブギ]
         (K、昨夜なにかイイコトあったのだろうか?)

帰り。「何にしよう…冬っぽいの…」とMDケースを探るK。
「U2は!? ヨシュア・ツリー!!」と私。
1tr目。♪I wanna run...から始まる曲。(曲名わからず)
疾走感、雪のきらめくようなギターの音。
雪煙の中を走るのにピッタリ。
Check
| beji (ぷ〜) | おでかけ | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
禅とオートバイ修理技術―価値の探究
禅とオートバイ修理技術―価値の探究 (JUGEMレビュー »)
ロバート M.パーシグ, 五十嵐 美克, 兒玉 光弘
メンテ書ではありません。
「クオリティ」についての哲学。
森の生活(ウォールデン)〈下〉
森の生活(ウォールデン)〈下〉 (JUGEMレビュー »)
H.D. ソロー, Henry David Thoreau, 飯田 実
森の生活〈上〉
森の生活〈上〉 (JUGEMレビュー »)
H.D. ソロー, Henry David Thoreau, 飯田 実
猫語の教科書
猫語の教科書 (JUGEMレビュー »)
ポール・ギャリコ, 灰島 かり
猫による、猫のための教科書。
でも、猫好きにはたまらない内容
になっています。

bolg index このページの先頭へ